ヨークシャテリアの男の子 ☆ らりぃ と ニューヨーク と ロサンゼルス
by Cana(Princelarry)
カテゴリ
全体
ごあいさつ
らりぃ
らりぃ病気 -犬の貧血
びぃ (Mr. B, Bちゃん)
すなぐる(Snuggles,スナちゃん)
フォスターマム
フォスターマム(アルマ)
マンハッタンの風景
マンハッタンのカフェ
マンハッタンのレストラン
マンハッタンのお店
ブルックリン
NJのお店
ロサンゼルスの風景
ロサンゼルスのカフェ
ロサンゼルスのレストラン
日本のレストラン
日本のお店
Pet friendlyレストラン(NY
Pet friendlyレストラン(日本
Pet friendlyレストラン(CA
Pet Shop
ワンコの日本入国
ごはん&おやつ
お気に入り
お料理教室
習いごと
日本の暮らし
旅行~ナンタケット島 '11
旅行~サンフランシスコ
旅行-ナショナルパーク
旅行-ラスベガス
旅行-テネシー州
旅行-シンガポール '13
旅行-ブラジル '13
旅行-フランス '14
旅行- オランダ&ベルギー '17
旅行- ミュンヘン& ウィーン’18
旅行- ロンドン&パリ ’18
旅行- メキシコシティ ’18
旅行- メキシコ(グアナファト) '19
旅行- テキサス州 ‘19
旅行-日本
里親さん探し
ロサンゼルスのシェルター
らりぃのお宿
未分類
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
最新のコメント
ゆんこさま、 週末..
by princelarry at 15:32
RUNAちゃんのおかあさ..
by princelarry at 14:59
こんばんは♪ 実は..
by ゆんこ at 20:23
里親会 お疲れさまでした..
by RUNAのおかあさん at 17:51
鍵コメNさま、 昨..
by princelarry at 13:59
のりこさま、 トリ..
by princelarry at 13:30
なんて可愛らしいんでしょ..
by のりこ at 22:21
RUNAちゃんのおかあさ..
by princelarry at 18:07
あら ポパイ君 ますます..
by RUNAのおかあさん at 16:23
鍵コメYさま、 は..
by princelarry at 09:26
タグ
(24)
(23)
(19)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新の記事
Foster Mom (A..
at 2019-06-25 12:05
Foster Mom (A..
at 2019-06-23 10:50
今週のポパイくんとつむぎちゃん
at 2019-06-20 10:16
Foster Mom (A..
at 2019-06-17 08:05
ナンタケットバスケット 〜 ..
at 2019-06-15 22:11
Foster Mom (A..
at 2019-06-14 08:19
ポパイくんとつむぎちゃん
at 2019-06-11 15:06
Foster Mom (A..
at 2019-06-09 14:09
Foster Mom (A..
at 2019-06-06 14:38
Foster Mom (A..
at 2019-06-02 00:00
フォロー中のブログ
小春的日和日記
元気がイチバン!
コマザワンヌ?の放浪記
ローズ家のナンタケットバ...
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ナンタケットバスケット 〜 Double Wine Carrier

待望の長財布が入るバスケットが出来上がりました。
d0233672_04492396.jpeg
荷物が多い今日この頃、このぐらいの容量があると出番も多そうです。

ベースは、少しだけ豪華にローズウッド。
d0233672_03024955.jpeg

さて、今日は秋晴れ(いつもだけれど)、どこかにお出かけしなくちゃ。
d0233672_03035773.jpeg

by princelarry | 2018-10-31 09:10 | 習いごと

Foster Mom (YROA) ⑯ 〜 in honor of びぃちゃんとすなちゃん

ナンシーさんからMr. BとSnugglesを足して2で割ったようなコと評されたバーニーくん。「Mr.Snuggles」と名付けようとも思ったらしい...それって、日本人的には微妙です。
d0233672_13151160.jpeg
大きなおめめと、長いお鼻はびぃちゃん似。

垂れ耳は、すなちゃんと一緒。
d0233672_13153509.jpeg
「大事なあそこ」が、いっつも「こんにちは」しちゃっているのもすなちゃんと同じ(笑
収納のお手伝いが必要なのですが、すなちゃんのおかげでお手のものですから、任せてね。

似ている所を発見し、あの子達が近くにいるのかな...とひっそり緩んでいます。
d0233672_13162334.jpeg
びぃちゃんとすなちゃんの49日も過ぎました。ちゃんと神様(仏様)の元にたどり着いたでしょうか。らりぃちゃんに会えたならいいけれど。

さて、こちらの世界のバーニーくん。日に日に快方に向かっているようで、足取りも軽やか、小走りもしています。
d0233672_13191186.jpeg
なかなかの味のある坊やなのだ。

下向きだった可愛い尻尾を、最近ぴこぴこ振ってくれるようになりました。嬉しいねぇ。
d0233672_00001820.jpeg
ですが、相変わらずフードの好みが把握できていません。

あれもこれもお気に召さないとのこと。何種類か用意してもことごとく首を振られる日ばかりで凹みます。
d0233672_13162890.jpeg
このクッキーは食べるらしい...

泣く子も黙る(?)Kobeビーフをル・クルーゼのグリルパンでこんがり焼いて、香ばしい匂いで「ほれほれ」と誘っても要らないという。お腹は空いているはずなのに...
d0233672_13184526.jpeg
こんな期待のお目目をして、何かを欲しているようなのですが、それが何かがわからない...「これじゃないの」とお互いにため息が出ちゃう食事タイム...

by princelarry | 2018-10-30 12:41 | フォスターマム

Foster Mom (YROA) ⑯ 〜 ハロウィン

アパートメントのワンコハロウィンパーティの日が今年もやってきました。
d0233672_10562053.jpeg
昨年は、すなちゃんとソーヤーくんの『おじいちゃんず』 と参加しました...あの頃は、まさか1年後にこんなことになるとは夢にも思いませんでした。

今年はバーニーくんと一緒にちらっと顔を出しました。
d0233672_10581993.jpeg

お土産貰えるし(笑
d0233672_10584951.jpeg

術後まだ1週間なのですが、どうしても『二足歩行』コスチュームを着せてみたくて、
d0233672_05404908.jpeg

慌てて揃えたので、サイズがあったのは『UPS』のデリバリーマン。
d0233672_11002765.jpeg

お人形さんみたいと好評でした。
d0233672_11014810.jpeg

お届け荷物が大きいの。
d0233672_05414694.jpeg

術後ですし、ごはんもろくに食べていないので、こんな大きな荷物(しかもフラジャイルだし)は運べないと、
d0233672_05421444.jpeg
パーティ後は、そそくさとベッドに逃げ込んでいました。

by princelarry | 2018-10-26 05:42 | フォスターマム

Foster Mom (YROA) ⑯ 〜 退院

数日入院のはずだったバーニーくんですが、病院では何も食べずに、「だっこしてください」とずっと鳴いているというので、急遽、翌日の退院となりました。
d0233672_06512410.jpeg

まさか翌日の退院とは思はず、ちょっとお出かけしていてどっぷり渋滞にはまっていたところに連絡がありましたので、
d0233672_00502515.jpeg

代わりにナンシーさんが引き取り、夜まで預かってくれていました。
d0233672_00550516.jpeg

夜、お迎えに行ったのですが、まだまだ痛いようで隅っこでしょぼん。
d0233672_00530679.jpeg

帰りの車中、どうしてもお膝に来たいというので抱っこをしていたのですが....急にもぞもぞしたと思ったら、じょわーっと生温かさを感じました(汗
d0233672_00560770.jpeg
遠い遠い昔が蘇る、お漏らし気分(笑
膝回りがびっちょりですが、術後おしっこがたっぷり出るのは良いことですから許す!

術後、血尿ではなくなりましたが、まだまだ頻尿が続いていますし、ベッドにお漏らしもしています。術前はベッドは決して汚さない子でしたので、ちょっと心配。
d0233672_00584001.jpeg
時間の経過とともに、回復しますように...

by princelarry | 2018-10-22 05:00 | フォスターマム

Foster Mom (YROA) ⑯ 〜 膀胱結石

バーニーくんは膀胱炎の診断で抗生剤を数週間も飲んでいるというのに、いまだにあまりに頻尿で、しかも時々、尿の色がオレンジ?ピンク?になるので気がかりでした。
d0233672_14323071.jpeg

ある日、尿の中にこんなものを発見!
d0233672_14321158.jpeg
膀胱結石と確信し、病院に走りました。

素人が見てもはっきりわかるピンポン玉。
d0233672_14223326.jpeg
レスキュー当初から、血尿ありで病院にかかっているのに、レントゲンも撮っていないなんて...なんともお粗末な話です。

愚痴を言っても仕方がないのですが、レスキュー団体の協力病院は「それなり」、どうしても最低限の治療になってしまうのです。
d0233672_15240566.jpeg
ちょっと怪しいぐらいでは、踏み込んだ治療はうけられません。すなちゃんの目も、もっと早く専門医にかかっていたらと悔しい思いをしたものです。

アメリカの獣医療費はなかなかの高額です。この日もレントゲン、尿検査、投薬で$300オーバー。しかも、レスキュー割引きでこの値段です。日本円にしたら35000円ほど。寄付金にも限度がありますからどうしても制約ができてしまい、毎回、歯がゆい思いです。
d0233672_15292757.jpeg

バーニーくん、日に日に血尿がふえ、急遽手術でこの大きな結石を取ることになったのですが、最近の相次ぐワンコ達の体調悪化で火の車のレスキュー団体。2000ドルを超える手術費がもはや残っていないという(汗
d0233672_07034411.jpeg
もうヘソクリを出すしかない?と覚悟をしたのですが...

取り急ぎ寄付を募ったところ、数時間で数千ドルが集まりました。アメリカは、こうしたドネーション文化(?)が進んでいてとても有難い。

d0233672_07260357.jpeg
こういう時には、ソーシャルネットワークは本当に役立ちます。たくさんの方々に助けていただきました。

手術前日まで頻尿でとても辛そうだったバーニーくん、無事に手術が終わって入院中です。我が家では一度も鳴き声を聞いていないのですが、ここから出してよとずっと鳴いているらしい(涙
d0233672_07155541.jpeg
尿がスムーズに出るのが確認できたら退院ですので、もうしばらくの辛抱です。
グルコースは正常値に戻り、低血糖からは回復していますので、これで体調が万全になるはず...よね?

by princelarry | 2018-10-20 00:17 | フォスターマム

Foster Mom (YROA) ⑯ 〜 週末ブランチ

すなちゃんとびぃちゃんの相次ぐ旅立ちに感じることががあったらしいフォスター父さん。
d0233672_06260374.jpeg

もっと色々な所に連れて行ってあげればよかったと思ったらしく、
d0233672_06274445.jpeg
朝カフェに誘われました。

バーニーくん、大きく元気なワンコたちも来ていましたが、お膝で静かに観察し、
d0233672_06291697.jpeg

食べ物がきたので、
d0233672_06305174.jpeg

膝から下ろしても、お利口さんにしています。
d0233672_06355139.jpeg

「くれくれ」と鳴いたり、バタバタしたりもありません。
d0233672_06373460.jpeg

フォスター父さんは、来週末の計画も立てているもよう。
d0233672_06441595.jpeg
いつまで続くかな?ですが、10月になり、外カフェも快適ですので、一緒のお出かけの頻度があがるといいなと思います。

by princelarry | 2018-10-18 20:39 | フォスターマム

Foster Mom (YROA) ⑯ 〜 Bernieくん

こっそりお預かり中の坊やは、Bernieくん。
d0233672_09202798.jpeg

後肢が弱く、背骨が湾曲しているので、パピーミルにいたのでは?との事前情報だったのですが...
d0233672_09205401.jpeg

おトイレこそ所構わずです(膀胱炎のせいかもしれません)が、ワンコベッドも上手に使いこなしますし、お散歩もでき、さらにテーブルの上に美味しいものがあるのがわかっている模様。
d0233672_09215311.jpeg

うっかり食べていたフランスパンを落としたら、ものすごい勢いで食いついきました。全くワンコご飯をうけつけないくせにパンは食べるのねぇ。が、膵炎からの回復期ですのであげられません。テーブルフードをもらっていて、膵炎になってしまったのかな?と思ったり。
d0233672_09233842.jpeg
相変わらず療法食は一切口をつけず、ササミと野菜の手作り食を、お腹がペコペコになるとササミだけをピックして仕方なく口にする感じです。

ぼおっとソファーでご自愛するフォスターとうさんのポテトチップを奪うことにも成功。見事な早業でした。その日から、おとうさんが大好きで、可愛いお顔で熱い視線を送って、美味しいものゲットの機会を狙っています。
d0233672_05254638.jpeg
だんだん以前の生活が垣間見えてきた気がします。

おやつもNGですので可哀想なのですが、「ポンポン痛い」の素ぶりをしますし、お腹も緩いので仕方ありません。
d0233672_09244714.jpeg

抗生剤のバイトリルを飲んでいるのですが、ずっと頻尿ですし、時々かすかにですが嫌な色合いのおしっこをします。
d0233672_05284301.jpeg
尿の大腸菌感染は見られるのですが、その裏に他の病気が隠れていないといいけれど。来週の検査で、いろいろな数値が快方に向かっていますように。

by princelarry | 2018-10-16 01:00 | フォスターマム

LA オペラ 〜 Don Carlo

日中は半袖のLAですが、オペラシーズンが始まっています。
d0233672_00254042.jpeg

ロドリゴ役のドミンゴ氏は御歳77歳ですが、舞台では圧倒的な存在感でした。カルロ役のRamon Vargasさんの存在が薄くなる?
d0233672_00260135.jpeg
あれだけの声量と体力を維持するのにどれだけの努力をされているのでしょう。

ドン・カルロ、結末が謎めいていて、ストーリーとしては不可思議でしたが...カルロの父、Philip二世役のAlexander Vinogradovさんのバスが印象に残りました。なかなかハンサム(笑
d0233672_00273057.jpeg
ブラボーでした。

by princelarry | 2018-10-15 00:15 | ロサンゼルスの風景

Foster Mom (YROA) ⑯ 〜 No Foster, No Rescue

フォスターを始めて16ワンコめのびぃちゃんを初めて里親さんではなくお空に見送り、その後すぐにすなちゃんとの安楽死という別れを経験し、フォスターをすることにネガティブなイメージが広がっています。
d0233672_03540632.jpeg

時間は余りあるほどの生活の中で、預かるワンコたちには十分な注意と愛情をかけているつもりでしたが、一体どこを観察していたのやら…重大な体調の変化を見落としてしまっていたのですから。
d0233672_03205784.jpeg

フォスター業は少しお休みをと思っていたのですが、途絶えることなくシェルターで助けを待っている子たち。
d0233672_03221956.jpeg
毛布かタオルぐらい入れてあげてほしい...こういう写真を見ちゃうとねぇ…ワンコベッドも両手も膝もガラガラだしねぇ…「うちにくる?」と思ってしまう。

先輩フォスターさんの「No Foster, No Rescue」の言葉とお友だちの励ましに後押ししてもらい、この坊やが少し前から我が家に来ています。
d0233672_03242351.jpeg
「若くて、病気のないワンコがいいな」の希望は叶うはずなく、膵炎と低血糖と膀胱炎というトリプル病もちというので「秘蔵っ子」ということでコソコソとお預かり中。

低血糖なので、とにかく食べさせてと言われているのですが、療法食を全く食べてくれません。お腹は空いているようで、ご飯の準備を始めると、キッチンにやってくるので、あれやこれや(といっても膵炎の療法食ですけれど)とお出しするのですが、鼻先で押し返してくるのです。「どんなものを食べていたの?」と過去の暮らしが少しでもわかったらと思ってしまう。
d0233672_03244804.jpeg

急性膵炎と膀胱炎はらりぃで経験してはいますが、慢性膵炎となると話は違ってくるのでしょうから、ちゃんとお世話ができるのだろうかとの不安を抱えつつ、あんな状態のシェルターにいるよりは、まだましだものね。
d0233672_03275331.jpeg
ヨーキー3兄弟(らりぃ、びぃちゃん、すなちゃん)が、命をかけて教えてくれたことを教訓に、助けを必要としているレスキューワンコの少しでも力になれたならと思うのですが、この坊や、とにかく「犬が喜ぶはず」なご飯に一切、口をつけません。お薬を飲ませるのも、命がけ。前途多難な気がします。

by princelarry | 2018-10-13 02:50 | フォスターマム

スナちゃんへのトリビュート

スナちゃん、おかえりなさい。
d0233672_04060503.jpeg

スナちゃんの月命日、
d0233672_22573284.jpeg

あれからずっと、スナちゃんと暮らした1年間のことを考えています。
d0233672_17280079.jpeg

お預かりした当初からスナちゃんが多飲多尿だと気づいてはいたのですが、気管虚脱、心臓の状態、そして緑内障にばかり注意がいってしまい、「腎臓も悪いのでは?」とは考えが及びませんでした。
d0233672_17502603.jpeg

おそらく慢性の腎臓病をこの1年間のどこかで発症してしまっていたのだと思います。腎臓病の症状の一つが多飲多尿だと、びぃちゃんをお預かりして初めて知りました。もっとも、びぃちゃんは多飲多尿どころかほとんどお水を飲んでくれずそれはそれでとても心配だったのですが…
d0233672_17510548.jpeg
「もっと早くに気づいていたならば」と、たらればの話をしても仕方がないとはわかっていても後悔しかありません。

「この子をレスキューしたので、誰かフォスターしませんか?」とのアナウンスがレスキュー団体からあったのは昨年の7月。ちょうど夏休みで日本に滞在している時のことでした。
d0233672_23020803.jpeg

8月半ばまでLAに戻らない予定でしたので、きっと他の方がフォスターされるのだろうと思いました。
ところが、盲目だったこともあるのか、フォスターさんが見つからなかったようで我が家 でお預かりすることになりました。
d0233672_18091960.jpeg
7月17日…スナちゃんのレスキューアナウンスがあったその日はらりぃのお誕生日でした。このアナウンスの写真を見た瞬間「うちの子になるかもしれない…」の思いが、心のどこかにありました。

スナちゃんはテリア気質がまったっく見られない、穏やかな子でした。新しく預かるお友達、誰にでも優しく、スナちゃんが怒るのを一度も見たことがありません。
d0233672_18003870.jpeg
スナちゃんの勇敢さ、我慢強さ、賢こさに感心する毎日。

みんな、スナちゃんが大好き、健気で、天使のような子でした。
d0233672_18011779.jpeg
一緒にいればいるほど、離れがたい存在となりました。
スナちゃんと暮らしたこの一年は、ほのぼのとした時間が流れていたように感じています。

らりぃと同じようには、十分な医療をかけてあげることはできませんでした。
d0233672_17525733.jpeg
度々、LAを離れましたので、ナンシーさんの元でのお留守番も多く、負担をかけてしまいました。

元の飼い主さんと過ごした11年間に比べたら、一緒に過ごしたこの1年は、スナちゃんの記憶の中ではほんの一瞬。
d0233672_17535873.jpeg
ただ「おかあさんが、スナちゃんに恋をしていたこと」伝わっていたらいいなと思うのです。

スナちゃんの犬生を全うさせずに命を奪ってしまったことは、何をしても償えるものではありません。そのことをしっかり心に刻み、その上で、スナちゃんを我が子とさせてもらいました。
d0233672_17550443.jpeg
「○○○ すなぐる」、我が家の末っ子です。

by princelarry | 2018-10-09 00:00 | すなぐる(Snuggles,スナちゃん)