ヨークシャテリアの男の子 ☆ らりぃ と ニューヨーク と ロサンゼルス
by princelarry
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ごあいさつ
らりぃ
らりぃ病気 -犬の貧血
びぃ (Mr. B, Bちゃん)
すなぐる(Snuggles,スナちゃん)
フォスターマム
マンハッタンの風景
マンハッタンのカフェ
マンハッタンのレストラン
マンハッタンのお店
ブルックリン
NJのお店
ロサンゼルスの風景
ロサンゼルスのカフェ
ロサンゼルスのレストラン
日本のレストラン
日本のお店
Pet friendlyレストラン(NY
Pet friendlyレストラン(日本
Pet friendlyレストラン(CA
Pet Shop
ワンコの日本入国
ごはん&おやつ
お気に入り
お料理教室
習いごと
日本の暮らし
旅行~ナンタケット島 '11
旅行~サンフランシスコ
旅行-ナショナルパーク
旅行-ラスベガス
旅行-テネシー州
旅行-シンガポール '13
旅行-ブラジル '13
旅行-フランス '14
旅行- オランダ&ベルギー '17
旅行- ミュンヘン& ウィーン’18
旅行- ロンドン&パリ ’18
旅行- メキシコシティ ’18
旅行-日本
里親さん探し
ロサンゼルスのシェルター
らりぃのお宿
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
最新のコメント
KIMさま 返信が..
by princelarry at 09:36
はじめまして。東大動物医..
by KM at 17:23
> Neitherさま ..
by princelarry at 00:12
死にそうになり入院したら..
by Neither at 16:45
urutemiさま、 ..
by らりぃ母 at 17:11
あら、久しぶりにコメント..
by urutemi3 at 20:01
RUNAちゃんのおかあさ..
by らりぃ母 at 15:51
もうすぐお帰りの頃だと思..
by RUNAのおかあさん at 05:01
小春母さま、 あ、..
by princelarry at 09:34
お久しぶり、閉め忘れなの..
by 小春母 at 00:56
タグ
(24)
(23)
(19)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新の記事
ナンタケットバスケット 〜 ..
at 2018-12-05 15:30
ラスベガスへ
at 2018-12-02 12:57
マルチーズ系?
at 2018-11-29 03:13
メキシコ芸術
at 2018-11-28 15:55
らりぃのお宿 〜ラスベガスか..
at 2018-11-27 12:06
ソチミルコ
at 2018-11-26 07:52
メキシコのお食事
at 2018-11-25 13:38
テオティワカン遺跡
at 2018-11-24 15:11
メキシコシティ街巡り
at 2018-11-23 10:43
メヒコの国
at 2018-11-22 14:45
フォロー中のブログ
小春的日和日記
元気がイチバン!
コマザワンヌ?の放浪記
ローズ家のナンタケットバ...
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Snuggles

なかなか記事をアップするのことができずにいました...
でも、しっかり向き合わないと...

びぃちゃんを失ったばかりですが、スナちゃん(Snuggles)が永眠しました。
d0233672_12021797.jpeg
9月9日、安楽死でした。

びぃちゃん同様、日本に行っている間の急変でした。どんな時でも食欲旺盛だったスナちゃんが、全く食事が取れなくなってしまいました。重度の腎不全。ナンシーさんは強制給餌で、日本から戻るまではと命を繋いでくれたのですが...
d0233672_12023848.jpeg
心臓の悪いスナちゃんには、自宅での皮下輸液はリスキーとのことでした。数日入院して、心臓をモニターで監視しながら輸液を投与していくしかないが、心臓の状態、年齢からも危険は伴い、また今回、数値が回復したとしても、また数週間で同じ状況に陥るというのが獣医さんの意見でした。

レスキュー団体の判断は「病状を繰り返し、苦しみを長引かせてしまう延命治療はしない」ということでした。
d0233672_12031211.jpeg

「もとの飼い主に捨てられ、センターでひと月過ごした盲目のスナちゃんを、病院とはいえワンコ達が泣き叫ぶ病棟に、完治がないことがわかっているのに置いてはいけない」と。
d0233672_12113843.jpeg

「苦しみから解放し、ピースフルな眠りにつかせてあげることは飼い主の責任であり、与えてあげることができる最後のギフトだ」と。
d0233672_12042523.jpeg
これは『らりぃのあの時』にさんざん聞いたセリフと同じ...

違ったのは「治療を継続して欲しい、もう一度だけでも家に連れ帰りたい」と言えなかったこと。
痩せ細り、がりがりになっても待っていてくれたスナちゃんを、腕の中で永遠の眠りにつかせてしまったこと。
d0233672_12065576.jpeg

最期の時を、病院の前の芝生で過ごしました。
d0233672_12073118.jpeg
「おかあさんほどスナちゃんを愛してる人はいない」と伝える時間は、もうほんの僅かしかありませんでした。

よろめきながらも、ちゃんとおトイレをすませる姿、
d0233672_11553559.jpeg
呼びかけにしっかり応えてくれた可愛いお顔、全てを悟ったような穏やかな眼差しが、今も頭からはなれません...

by princelarry | 2018-09-30 00:00 | すなぐる(Snuggles,スナちゃん)

パリごはん

パリの夕食は、ビストロをチョイス。
d0233672_05073466.jpeg
初日はホテルのすぐそば、地元の人も並ぶ『大衆食堂』のようなビストロだそうです。

とにかく安い。
d0233672_05083739.jpeg

量が多い。
d0233672_05091057.jpeg

そこそこ美味しい。
d0233672_05094106.jpeg

一皿の量が多いので、マナー違反ではありますが、シェアをしちゃいました。
d0233672_05100657.jpeg

お会計は、ここで計算。
d0233672_05105276.jpeg
昔ながらなのでしょうね。

そんなところも楽しい、肩肘張らないお店でした。
d0233672_09511532.jpeg


二日目は、こちら。
d0233672_05234253.jpeg
アットホームな落ち着くお店でした。

初日よりは、ほんの少しだけ高級です(笑
d0233672_05263950.jpeg

各自、前菜とメインのアラカルトをいただきましたが、やはり食べきれず...
d0233672_05271998.jpeg

ちょっとお塩がきき過ぎでした。(ウィーンのレストランもそう感じたのですが...)
d0233672_05275671.jpeg

斬新な「今どき流行り」のレストランにも行ってみたかったのですがまた次の機会に...
d0233672_09565170.jpeg


by princelarry | 2018-09-29 05:00 | 旅行- ロンドン&パリ ’18

パリのお宿 〜 Hotel 34B

いくつになっても女子旅は女子旅。
d0233672_04434231.jpeg

女子旅ならではの宿を友人が選んでくれました。
d0233672_04442217.jpeg

アパートメントタイプのお部屋です。
d0233672_04484808.jpeg

パリな色合い(笑
d0233672_04481297.jpeg
目が回りそう。

朝食も、
d0233672_04510670.jpeg

おやつもフリー。
d0233672_04501373.jpeg

袋菓子でも、パリのお菓子は美味しいの。
d0233672_04531356.jpeg

こんな旅も、たまにはいいものです。
d0233672_04534887.jpeg
お財布にも優しい、お勧めのお宿でした。

by princelarry | 2018-09-28 03:44 | 旅行- ロンドン&パリ ’18

パリ街巡り

なにしろパリはたったの2泊でしたので、時間との勝負です。
d0233672_17221056.jpeg

前回、タイムアウトで泣く泣く諦めた、オランジェリー美術館から。
d0233672_17241683.jpeg

朝一番だったので、こんな感じでゆったりと鑑賞。
d0233672_17252073.jpeg

小さな美術館なのが有り難い。
d0233672_17282761.jpeg

コンコルド広場から次の目的地、オペラ座に向かったのですが、オペラ座の見学がその日は午後からというハプニングありで、
d0233672_17301589.jpeg


早めのラデュレでお茶タイムと、
d0233672_17345828.jpeg

ヴァンドーム広場周辺の高級品のショッピングエリアで目の保養をし過ぎて、
d0233672_17380209.jpeg

午後一番のオペラ座見学に少々遅刻。
d0233672_17400024.jpeg

2度目とはいえ、
d0233672_17484863.jpeg

内部の絢爛豪華さに、やはりうっとり。
d0233672_17493303.jpeg

次回こそ、このシャガールの下で、オペラを観るぞと決意を新たにいたしました。
d0233672_17505946.jpeg

前回見そびれていた、『オペラ座の怪人』のファントムのロッジも覗けました。
d0233672_17523370.jpeg

セーヌ川沿いをテクテク歩き、ノートルダム大聖堂へ。
d0233672_17553758.jpeg

その後、これまた前回は疲れて辿りつけなかった、セントチャペルで、
d0233672_16280321.jpeg

ステンドグラスの美しさに息を飲む...
d0233672_16284329.jpeg

お昼を食べ損なっていましたので、ルーブル美術館前に腹ごしらえ。
d0233672_16292271.jpeg

急遽飛び込んだカフェでしたが、意外に美味しいサラダとサンドウィッチでした。
d0233672_16294320.jpeg

この日は、ルーブル美術館が夜間開館日で並ばずに入館でき、
d0233672_16265309.jpeg

前回は修復中だった、サモトラケのニケとついにご対面。
d0233672_16245464.jpeg

圧倒される美しさ。
d0233672_16261762.jpeg

あれもこれもと鑑賞したいものばかりでしたが、
d0233672_16315560.jpeg

ディナーの予約がありましたので、後ろ髪を引かれつつ美術館を後にしました
d0233672_16323600.jpeg

ライトアップされたカルーゼル凱旋門。
d0233672_16352156.jpeg

by princelarry | 2018-09-27 17:17 | 旅行- ロンドン&パリ ’18

初秋のパリ

あれもこれもの欲張り旅行。
d0233672_16513777.jpeg

なか日に、ユーロスターでパリへ移動しました。
d0233672_17023997.jpeg

移動日は、運良くオルセー美術館の夜間開館日でした。
d0233672_16521260.jpeg

前回、お茶をしたカフェは、
d0233672_17033258.jpeg

あの大時計の辺りでしょうか?
d0233672_17125828.jpeg

特別展示のピカソ展に遭遇し、
d0233672_17071661.jpeg

大混雑でしたが、眼を見張るコレクションの数々に、大興奮。
d0233672_17081087.jpeg

パリの美術館は見応えがあり過ぎです。
d0233672_17092492.jpeg

夜遊びの恩恵...
d0233672_17095267.jpeg
夜のオペラ座も、たいそう美しい。


by princelarry | 2018-09-26 16:33 | 旅行- ロンドン&パリ ’18

Afternoon Tea @ Claridge’s

LAからのヨーロッパ便は夜間飛行が多いので、眠い目をこすりながらのアフタヌーンティー。
d0233672_07012366.jpeg
日本からの早朝到着組は、すでに観光をしてきたそうで、こちらもお疲れな様子。

素敵なホテルの一階。
d0233672_07101227.jpeg

コーナーの薄暗いソファー席に通されて、このまま眠ってしまいそうでした。
d0233672_07110694.jpeg

広いテーブルでしたので、3段トレイでのサーブではなく、サンドウィッチ、
d0233672_07162362.jpeg

マルコポーロ ジャムが上品で、とっても美味しいスコーン、
d0233672_07182546.jpeg

ケーキが運ばれてきました。
d0233672_07200954.jpeg
サンドウィッチもスコーンも「おかわり、どう?」と聞かれましたが、時差もあってお腹がいっぱい。

かなりお持ち帰りとなりました。
d0233672_07214557.jpeg

憧れのロンドンでのアフタヌーンティー、体調万全で臨めず無念...
d0233672_07233334.jpeg

by princelarry | 2018-09-25 06:59 | 旅行- ロンドン&パリ ’18

ユニオンジャックの国

10代からの付き合いのある気の置けない友人達とのロンドンとパリへの旅。
d0233672_14525631.jpeg

身体は○十代ですが、心は女子大生ですのでついつい朝も早よから、
d0233672_15115922.jpeg

夜遊びまでとあれもこれもと欲張り過ぎました。
d0233672_15125006.jpeg

ホテルで、しっかり朝ごはん。
d0233672_16270520.jpeg

ナショナルギャラリーは駆け足でしたが、
d0233672_15135784.jpeg

お決まりのフェルメールとは、しかとご対面。
d0233672_15150611.jpeg

赤いバスにも、
d0233672_15311688.jpeg

地下鉄にも乗らなくちゃ。
d0233672_15474467.jpeg

ケンジントン公園は、隅々まで美しく、
d0233672_15465879.jpeg

ワンコがそこかしこと、
d0233672_15492191.jpeg

自由に闊歩。
d0233672_15500120.jpeg

ピーターパンの像に
d0233672_15503529.jpeg

壮大なアルバート記念碑、
d0233672_15511551.jpeg

ロイヤル・アルバート・ホールは、残念ながら修復中でした。
d0233672_16081576.jpeg

ウィリアム御夫妻が住まわれているケンジントンパレスは、格式高く、落ち着いた佇まいです。
d0233672_15520180.jpeg

中庭は、これぞイングリッシュガーデンで美しい。
d0233672_16303417.jpeg

内部をさらりと見学し、
d0233672_15544645.jpeg

ランチがてらに、ノッティングヒルに向かいます。
d0233672_16090322.jpeg

可愛い街並み、ガラクタがありそうなお店をゆっくり散策したいところでしたが、次回のお楽しみということで。
d0233672_16095417.jpeg

行き当たりバッタリで入ったオーガニックのお店は、
d0233672_16125415.jpeg

LAにあるあるな食事でした。
d0233672_16133158.jpeg

途中で思考回路が止まってしまった長い一日の締めくくりは、リバティ近くの、
d0233672_16162236.jpeg

こちらで、Ken Watanabeの“The King and I”
d0233672_16164896.jpeg
フラフラではありましたが、おばさんという生き物は意外に体力があると再認識。

by princelarry | 2018-09-24 14:36 | 旅行- ロンドン&パリ ’18

ナンタケットバスケット 〜 4 インチラウンド

新しいバスケット、4インチラウンドのトールが、完成しました。
d0233672_04171474.jpeg
ラウンドですし、小さいので簡単かと思いきや、カーブがきつい分だけ大変でした。

そして、真っ直ぐに編むというのがとても難しい。
d0233672_04185207.jpeg
なにしろ根性、曲がってますからねぇ。

ワインを運ぶのにぴったり。
d0233672_04183267.jpeg

ウォルナットとエボニーがクールでスタイリッシュな印象です。
d0233672_04181086.jpeg
ダブルハンドルがこれまた可愛いのだ。

by princelarry | 2018-09-20 08:20 | 習いごと

びぃちゃん(Mr. B)

Bちゃんが腎臓サポート食に首をふるようになった翌日から日本に一時帰国をしていました。
d0233672_23581163.jpeg

留守中にお世話をお願いしたナンシーさんは、毎日テキストメッセージで様子を連絡してくれていました。あの手、この手でBちゃんに食べさせていること、食欲はないけれどご機嫌にしていること、そしてちょうど1週間、それまで活動的だったBちゃんが突然、立ち上がれなくなって朦朧となってしまったこと。
d0233672_22334318.jpeg

すぐに入院となり輸液等の処置をしてもらい、持ち直してくれると信じていたのですが、検査の数値は非常に悪く、末期の腎不全でした。
d0233672_22342505.jpeg
この危機を乗り越えたとしても、また悪化するのは目に見えているとのことで、ナンシーさんの胸に抱かれて、8月29日に永遠の眠りにつきました。

いつもよりずっと短い一時帰国でしたので、まさか2度とBちゃんに会えないとは夢にも思わず、ちゃんとしたお別れもせず気軽にナンシーさんに預けてしまいました。
d0233672_22350473.jpeg

とても元気そうにみえていたのですが、Bちゃんの腎臓は悲鳴をあげていたのです。腎臓サポートの缶詰を突然食べたがらなくなったのは、体調悪化のサインだったのでしょう。
d0233672_22353036.jpeg

腎不全の恐ろしさをしっかりと理解し、もっともっと細心の注意を払い、すぐに病院に連れて行ってあげていたならと思うと、Bちゃんに申し訳ない思いでいっぱいで後悔してもしきれません。
d0233672_22361193.jpeg
元の飼い主さんから引き取って、たったのひと月でした。少しでも楽しい時間を過ごしてもらえたのでしょうか...

小さな小さなBちゃんが、さらに小さくなってしまいました。
d0233672_08275151.jpeg
遅すぎるのは重々承知ですが、Bちゃんは、らりぃの弟として『◯◯◯ びぃ』となりました。虹の橋のたもとで再会できるその日まで、びぃちゃんの魂の安らかな眠りを祈り続けてゆきたいと思います。

by princelarry | 2018-09-07 00:00 | びぃ (Mr. B, Bちゃん)

Bちゃん

BちゃんことMr. Bが、突然、虹の橋を渡ってしまいました。
d0233672_21304069.jpeg
あまりにも急なことで、呆然としています。

体調悪化のサインを見逃してしまったこと、そばにいてあげられなかったこと、後悔してもしきれません。
d0233672_21405458.jpeg
もう、ただ安らかにと祈ることしかできません。

by princelarry | 2018-09-02 21:29 | びぃ (Mr. B, Bちゃん)