ヨークシャテリアの男の子 ☆ らりぃ と ニューヨーク と ロサンゼルス
by princelarry
カテゴリ
全体
らりぃ
らりぃ病気 -犬の貧血
マンハッタンの風景
マンハッタンのカフェ
マンハッタンのレストラン
マンハッタンのお店
ブルックリン
NJのお店
ロサンゼルスの風景
ロサンゼルスのカフェ
ロサンゼルスのレストラン
日本のレストラン
日本のお店
Pet friendlyレストラン(NY
Pet friendlyレストラン(日本
Pet Shop
ワンコの日本入国
ごはん&おやつ
お気に入り
お料理教室
習いごと
ごあいさつ
日本の暮らし
旅行~ナンタケット島 '11
旅行~サンフランシスコ
旅行-ナショナルパーク
旅行-ラスベガス
旅行-テネシー州
旅行-シンガポール '13
旅行-ブラジル '13
旅行-フランス '14
旅行- オランダ&ベルギー '17
旅行-日本
里親さん探し
ロサンゼルスのシェルター
フォスターマム
らりぃのお宿
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
最新のコメント
死にそうになり入院したら..
by Neither at 16:45
urutemiさま、 ..
by らりぃ母 at 17:11
あら、久しぶりにコメント..
by urutemi3 at 20:01
RUNAちゃんのおかあさ..
by らりぃ母 at 15:51
もうすぐお帰りの頃だと思..
by RUNAのおかあさん at 05:01
小春母さま、 あ、..
by princelarry at 09:34
お久しぶり、閉め忘れなの..
by 小春母 at 00:56
キートスちゃんママ、 ..
by princelarry at 09:21
可愛いお顔のセバスチャン..
by urutemi3 at 20:27
Losyちゃんのママ、 ..
by princelarry at 11:52
タグ
(24)
(23)
(19)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
最新の記事
Foster Mom(YRO..
at 2017-06-27 04:10
アムステルダムのデパート d..
at 2017-06-22 15:48
アムステルダムのお食事
at 2017-06-21 13:05
アムステルダム街巡り
at 2017-06-20 12:44
チューリップの国
at 2017-06-19 06:57
Foster Mom(YRO..
at 2017-06-18 04:48
Foster Mom(YRO..
at 2017-06-16 10:26
Foster Mom(YRO..
at 2017-06-15 14:41
Foster Mom(YRO..
at 2017-06-12 03:38
Foster Mom ⑩ 〜..
at 2017-06-11 03:24
フォロー中のブログ
小春的日和日記
元気がイチバン!
コマザワンヌ?の放浪記
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:らりぃ病気 -犬の貧血( 47 )

13歳

らりぃが病気になってからは、治療の上で決断を迫られる場面が何度もありました。
d0233672_30527.jpg
「そんな治療はしたくない…」とか「お薬はもういや」とからりぃは思っているかもしれないのに、決めるのはらりぃの本当の辛さも痛みもわからない飼い主。

病気に苦しむ姿を見るのだけでも辛いのに、苦渋の選択を強いられる場面が多々ありました。

アメリカでらりぃの最後の主治医だったDr.Rocha。
d0233672_2532157.jpg

他のドクター達に安楽死を迫られたときに、どうしても家に連れ帰りたいと言うと、「リンパ腫になってらりぃは1年半、ほんとうに頑張ったよ。でも、あなたも十分、頑張った。あなたが好きなようにしたらいい。それが、正しい選択だよ。らりぃがもっと苦しみ、あなたがもっと辛くなったときは僕がヘルプするから大丈夫」と背中を押してくれました。
d0233672_354225.jpg

リンパ腫の治療で抗がん剤治療への未練を断ち切れなかった時には、「抗がん剤治療を選択したいというならできるよ。ただ、抗がん剤というのは、体力が十分あるコには効果があるが、らりぃのように長く患い、弱っているコに使ってうまくいったことは、僕の経験から一度もないんだ。だから、勧めないよ。」と導いてくれました。

冷静沈着で、穏やかで、多忙にも拘らず、常に飼い主の心に寄り添うドクターでした。
d0233672_37866.jpg
Dr.Rochaには、らりぃはもちろんですが、それ以上に飼い主が救われました。

名医とは『もの言えぬペットの命を託されたとき、ペットの命に最善を尽くすだけではなく、迷える飼い主の心をも救える人。』

Dr.Rocha、NYCの2002年度のベスト獣医に選ばれたお一人です。
d0233672_3212858.jpg
縁もゆかりもなくたって、そういう獣医さんに出会えたマンハッタンは素敵な街だったなと、今更ながら思います。

今日は、らりぃのいない3回目のお誕生日。
命あらば、13歳。最近、らりぃの幼馴染ちゃん達の体調不良の話を耳にすることが多くなり、Dr.Rochaのことが思い出されました。
d0233672_2552743.jpg
『頑固じいさん』で家族を困らせる、13歳のおじいちゃんらりぃにひと目でいいので、会いたいな。

by princelarry | 2016-07-17 10:47 | らりぃ病気〜犬の貧血

らりぃの病気(東京大学動物医療センター2014の 6)

いつもはひと月に一度の診察ですが、抗がん剤の服用を始めたので、1週間後の検診となりました。
d0233672_19415142.jpg
結果は、ニコニコ顔。

「効いている」みたいです。4万台に下がっていた血小板が10万台半ばにまで回復、ヘマクリット値も30パーセント台に戻りました。
d0233672_19442122.jpg
「えへん」

体重200グラムの減少でお咳がほとんどなくなっています。
d0233672_19464943.jpg
「ひひ、いいことばっかり」

…のはずはなく、お腹がユルユル…抗がん剤の副作用かな?とのことですが…
d0233672_19535755.jpg
ベッドからぴょんと動けばぷりっ、番犬したらぷりっぷりっ…おトイレに間に合わない…

ハハは、朝〜晩までらりいちゃんのお尻番に大忙し。
d0233672_1957938.jpg
家族に「運がついちゃう」被害者続出中(笑
by princelarry | 2014-05-09 19:39 | らりぃ病気〜犬の貧血

抗がん剤

連休を前に退院をしてきたらりいちゃん。おうちで静養中です。
d0233672_17581760.jpg
抗がん剤、L−アスパラギナーゼを病院で点滴投与し、これからは自宅でロイケランを経口投与します。

多少、抗がん剤の副作用があるのでしょうか…だるそうで、お腹も緩いです。
d0233672_17595395.jpg

ひとつだけ『いいこと』がありました。
入院中のハンガーストライキと、「ここから出せ〜」エクササイズで減量成功。
d0233672_1802866.jpg
すると、なんとずっと悩まされていたお咳が止まりました!!!

「気管虚脱の咳は痩せるといい」という教科書通りの結果となっています。
このままの体重をキープしたいところですが、「何かおくれ〜」吠えにどこまでハハが耐えられるかが鍵。

なんとなく、力がぬけちゃったらりいちゃんです。
d0233672_1815287.jpg
「ぽわ〜ん」
by princelarry | 2014-05-03 18:03 | らりぃ病気〜犬の貧血

らりぃの病気(東京大学動物医療センター2014の 5)

連休の合間の診察は、また雨…

そして、診察結果も曇りました。首のしこりが大きくなり、リンパ節内のガン細胞が活性化してしまったらしく、それと関連があるのかないのかヘマクリット値と血小板数がガクンと下がりました。
d0233672_21363263.jpg
数日前に血尿が出て、膀胱炎の再発はあったのですが、それを除けば、体調が悪そうに見えなかったのですが、数字は悪化を示していて、抗がん剤の治療を提案されました。

アメリカで「らりいのリンパ腫には抗がん剤は効かないよ。」と言われました。でも、その時に、Dr.Rochaが「ただ、リンパ節が腫れてくるようなことがあったら、試してもいいかな」と言ったような気がする…そんな、気がする…
d0233672_21371722.jpg
「がん細胞を叩いてみよう」とL−アスパラギナーゼを投与してみることに決めました。

ただいま、入院中。
d0233672_21435318.jpg
面会に行ってきましたが、食欲もあり、元気です。
担当医のT先生をらりいは(ハハも)大好きで、「おうちにかえる、だめなら、だっこして!!!」と先生の顔を見るたびに大騒ぎするらしく「興奮すると咳き込むし、体力も消耗しそうなので、顔を見られないように、横から診察しています」だそです。

後半の連休前には退院できるよう、先生方もらりい頑張っています。
d0233672_21442646.jpg
「がお〜っ」
by princelarry | 2014-05-01 20:52 | らりぃ病気〜犬の貧血

ぶどう膜炎

東大病院での診察後は、
d0233672_2349583.jpg
オリーブちゃんと桜の坂でデート。もう一度、この道を一緒に歩けるとは思っていなかったので感激です。

薄曇りでしたが、桜がキレイ。
d0233672_23482212.jpg
で、このときはこんなクリクリおめめだったのですが、

一夜明けると、左目全体に白い膜がかかってしまいました。
近くの獣医さんの休診日でしたので、大慌てて、ダクタリ動物病院へ…
d0233672_8583873.jpg
1時間ほど検査をして、おそらく「ぶどう膜炎」との診断したが、これほど急に瞳全体に白い膜がかかってしまうのは珍しいそうで、原因は不明…

眼圧が右目より少し高く、緑内障に移行する可能性もあるので注意してねとことでした。
d0233672_23484345.jpg
らりぃは若干、元気消失ですが、食欲はモリモリ。目薬投薬で改善を試みます。ゴホゴホの次は、おめめ。免疫力が弱いって大変。

今回、お世話になったダクタリ動物病院はアメリカの病院に通じるものがあり、設備万全、安心感は抜群でした。
by princelarry | 2014-04-04 23:32 | らりぃ病気〜犬の貧血

らりぃの病気(東京大学動物医療センター2014の4)

新学期の診察。学生さんのための病院でもあるので、ちょっと時間もかかります。
d0233672_2373041.jpg
気になる咳は、良くなったり、悪くなったりですっきりすることはありません。
三寒四温のこの時期は、体調を崩すを四つ足さんも多いと先生談。

お薬が一番強力なリン酸コデイン散に代わります。効きますように。
d0233672_239169.jpg
「止まらぬ食欲」の坊やは、100g増し。

がん細胞持ちですので、「太れるのは、いいこと」ということで(*^^*)
d0233672_2395211.jpg
リンパ腫の検査結果は、まずまずですが、訳あってステロイドは減らせないそうです。

次回は、リンパ腫の診察とともに、「半年毎に受診してね」と言われている心臓の検査もお願いしました。
d0233672_23102975.jpg
「あれも、これもけんさなの、ぶう」
by princelarry | 2014-04-02 10:32 | らりぃ病気〜犬の貧血

らりぃの病気(東京大学動物医療センター2014の 3)

雨模様の通院。
d0233672_10402532.jpg
リンパ腫は落ち着いています。
急性膵炎を発症してから7ヶ月経ちました。

当面の問題は気管虚脱によるであろう咳。先月処方された『メジコン』は効きませんでした。
d0233672_104579.jpg
今回は『ベトルファール』というシロップ薬になりました。

シロップが苦手なのでどうかなあと思いましたが、甘いようでペロペロします。
d0233672_10484679.jpg
明け方の咳が減って、らくになったようです。

薬漬けの日々だけれど、副作用もあるけれど、やはり薬に頼ってしまいます。
d0233672_10512642.jpg
春の足音も聞こえてきて、桜の下をお散歩するのが待ち遠しい…
by princelarry | 2014-03-07 10:47 | らりぃ病気〜犬の貧血

らりぃの病気(東京大学動物医療センター2014の 2)

北風が冷たい病院DAYでした。
d0233672_132494.jpg
咳がひどくなっていることを報告しました。咳が止まらないのは可哀想でなりません。熟睡できない様子です。
心配で数日前に近所の先生でレントゲンだけは取って頂いたのですが、気管支がもやもやっとなっているけれど肺炎にはなっていないし、すでに抗生剤も気管支拡張剤も飲んでいるのでもう少し様子を見ましょうとのことになりました。

咳には薬を使って止めてもよい咳とそうではない咳があるそうで、東大の診察では気管虚脱も原因にあるのだろうということで、咳止め薬が追加になりました。
最初は乾いた咳だったのが今日は湿った音が混じり出しました。ちょっとした刺激で咳が出てしまい、これ以上悪化しないといいのですが…
d0233672_13235433.jpg
ステロイドを長期服用していますので、自己治癒能力が著しく低下しています。
気候も影響しているようで、暖かくなるのが待ち遠しい。

鼻血が落ち着いたと思ったらこん・こん・ごほ、ごほ。一難去ってまた一難ならりぃです。
d0233672_13243153.jpg

でも、嬉しい出会いもありました。診察室から出たところで、「らりぃちゃんですか?」とお声をかけて励ましていただきました。ブログを読んでいただいたことがある方でした。
ニャンコさんのエマちゃんも長期闘病中で東大に通っています。同じように病気と闘っているお仲間との出会いは心の支えとなります。
凍るような寒さの日でしたが、ほこっと暖かくなりました。
by princelarry | 2014-02-06 16:33 | らりぃ病気〜犬の貧血

らりぃの病気(東京大学動物医療センター2014の 1)

明けましておめでとうございます。らりぃとともに 、2014年を迎えることができました。
d0233672_1454495.jpg
帰国後、以前から鼻炎?歯槽膿漏?と時々調子が悪くなっていた右の鼻が悪化し、たびたび出血するようになってしまいました。安静にしていて欲しいのですが、番犬活動に励むもので、その度に出血。
出血をしてもしばらくすれば止まるのですが、大事な大事な血ですので1mlも無駄にしたくない。
その上、鼻血をくしゃみとブルブルで飛ばすので、そこらじゅう大変なことになるのです/ _ ;

ワンコの鼻血はちょっと深刻;_;
鼻腔内に腫瘍がある可能性もあるのですが、MRIを撮るには麻酔が必須。低心拍で失神するらりぃですので、アメリカのドクターには積極的な治療は避けたいと言われていました。
d0233672_1456444.jpg
そんな坊やの久しぶりの東京大学動物医療センターの診察でした。

Dr. Rochaが用意した126ページのメディカルレコードとCD Rom持参で行ってきました。
d0233672_14574352.jpg
東大チームの先生方と笑顔の再会ができました。
アメリカでらりぃの最終診断をした病理学のドクターは、東大の先生方も使っている教科書を書いた血液腫瘍の分野の第一人者のドクターだそうで「らりぃさん、すごーい。」と褒められ?ましたよ。

全身検査をしていただいて、日本語でたっぷり説明を受け、鼻出血の原因は歯槽膿漏の可能性が高いとのことでした。
色々あるけれど、まずまずの結果。「ひと月に一度来てね^o^」だそうです。
検査の数字より、らりぃをしっかり観察しながら日本暮らしを楽しみたいと思います。ワクワク♡♡
by princelarry | 2014-01-13 13:18 | らりぃ病気〜犬の貧血 | Comments(45)

Boarding at Blue Pearl

先週の検診時は元気だったのに、数日後からお腹が緩くなってしまったらりぃちゃん。
d0233672_0112795.jpg
食欲もあり、元気もあるのですが、数ヶ月前の死にそうになった急性膵炎の悪夢がよみがえります。あの時もこんなことから始まって、段々悪化していったもので。

そのうえ、丁度、旅行を計画していたその前日の出来事で…旅行の中止も考えたのですが、BluePearl
がらりぃを預かって様子を見ていてくれるというので、「薄情で無責任なハハ」なのは百も承知でお願いすることにしました。
d0233672_0463721.jpg
まさかBluePearlのような救急病院が旅行に出かけるという理由でボーディング(お泊まり)をさせてくれるとは思いませんでした。東大病院に預かってもらうようなものですから…

ブルーパールはらりぃのような病気持ちのクライアントに限って預かってくれるそうなのです。これは、なにより有難い心遣い。
病気の子を安心して預けられる場所など、そう簡単には見つかりません。ちょっと、アメリカを見直した出来事でした。

三泊ほどブルーパールにお泊まりしたのですが、お腹の調子も戻りました。ハハに代わり、毎日様子を見に行って、一緒に過ごしてくださったコロンママさんから「らりいちゃん、おうちに帰りたいと言ってます!」の報告と写真が届き、
d0233672_10142076.jpg
「げっ、怒ってる」

ということで、シッターさんに迎えに行ってもらって、今は自宅でシッターさんと過ごしています。
d0233672_10145384.jpg
シッターさんは、豆ちゃんママさんからのご紹介。日本の動物病院で看護士さんをしていたという若くて優しいお姉さん。
らりぃとさっそく仲良しになったと連絡をもらいました。

ワンコ仲間に支えられ、「ひどいハハ」はどこにいるかといいますと、
d0233672_4555363.jpg
こんな所で濡れています(*^^*)
by princelarry | 2013-12-13 05:20 | らりぃ病気〜犬の貧血